いつもいい湯芽見ていたい

温泉旅の思い出とか自宅のベランダでの園芸の記録ブログです。ヘッダ画像は黄ラナンキュラスとベロニカジョージアブルーです

漁港の温泉、犬吠埼 金目鯛だけでなくその日に上がった生牡蠣が夕食に

今回の記事は温泉です。

灯台ばかりが有名な千葉の犬吠埼ですが、温泉地でもあります。

 

金目鯛の港、犬吠埼

 

金目鯛が美味しい温泉地・・・って言われて何処をイメージしますでしょうか?

大多数の人が「下田温泉」だと思います。日本有数の温泉地、静岡県の伊豆にある下田の名産は金目鯛です。

f:id:etavonni:20180916202446j:plain

こんなTシャツが道の駅に売っているくらい、下田は金目鯛を名産にしています(私物です)。

ですが、個人的に金目鯛が美味しいところ、としては千葉県調子市犬吠埼を推したいのです。

最初はゲーム「アマガミ」の聖地巡礼のつもりで銚子に行ったんですけど、海辺の温泉と金目鯛の美味しさの魅力のとりこになってしまいました。

 

犬吠埼のいけすの宿

 

いつも使うホテル

 

私から紹介したいのが、この部屋から海が見えて金目鯛が美味しい犬吠埼のホテル、大徳ホテルです。

 

daitokuhotel.com

 

このホテルの特徴はなにより、入ってすぐのバカでかいいけす。その日の夕食に出してくれるお魚たちはチェックインした時点ではそのいけすで自分の運命を知らず元気に泳いでいます。

加えて、この部屋から見える海と漁港。

f:id:etavonni:20180916203558j:plain

ちょっと曇っている日に撮ってしまったのが残念ですが、この通り、部屋から行き交う船の様子を一望できます。

 

犬吠埼の温泉

 

温泉地としてあまり有名ではない犬吠埼ですけど、お湯の温度は高く、無色透明な入り心地のいい温泉です。欲を言えば温泉に浸かりながら海を見れればいいのですけど、そこまで贅沢は言えませんからね。私が愛用する大徳ホテルに限って言えば、大浴場は広めで、パール風呂と檜風呂の二種類があります。自分はいつも檜風呂に入っています。

 

金目鯛料理

 

こちらがこのホテルが誇る金目鯛の料理です。

お醤油も銚子のヒゲタ醤油を使うなど、こだわっています。

f:id:etavonni:20180916204708j:plain

食感はコリコリしていて、とにかく日本酒に合います。画像でもグラスが空になってますね。ちなみに「金目鯛に合う酒」なんてまんまな名前の日本酒も出してくれたりします。本当に合います。

もっとも、ただ、「金目鯛が美味しい」だけでこのホテルを気に入ってるわけではありません。

この画像は2回目に行ったときで、刺身になっています。初回は鍋でしゃぶしゃぶでした。3回目はから揚げになって出てきました。

このホテル、なんと客に出した金目鯛料理の種類を全部控えてるんです。だから行くたびに調理法を変えてくれるんです。一番美味かった料理のはしゃぶしゃぶですね。透き通った金目鯛の肉が食べごろの白さに変わっていくのを見るだけで楽しいです。

そしてもう一つ、この日は「ついさっき上がった」といって大粒のカキが出てきました。

f:id:etavonni:20180916205540j:plain

このように、まさしく言葉通りとれたてぴちぴちが食べられるんです。出てくると知っていれば金目鯛を始めとする海鮮を食べるペースをセーブすればよかったと思った思い出があります。お味はやや苦くて、生で食べるとカキってこんな味がするんだ、と思いました。

なお、金目鯛の料理は夕食だけでなく朝食にも煮つけで出てきます。こちらは夜と打って変わって甘い味付けでまた違った味を楽しむことができます。

温泉もさることながら、「食」で客を満足させようとする関するこだわりが強い宿で、関東に住んでいる頃は何度も行きました。

 

犬吠埼総評

 

定番の観光地の灯台を上るもよし、その後温泉で日々の疲れをいやすもよし、海鮮を楽しむもよし、な私からのオススメの温泉です、銚子市犬吠埼。「〇〇温泉に行ってきた!」という話なら下田の方がダントツで知名度が上ですが、もし金目鯛が目当てなら都心からも近いですし、銚子もいかがでしょう?

 

ブログ始めて気付いたんですけど、お風呂の感想より、料理の感想の方がよっぽど書きやすいですね。温泉に浸かった時の気持ちよさを伝える文章力も磨いていきたいと思った所存です。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

計算したらまだ日本の温泉地の1%しか行ったことがなかったと判明

タイトルの通りです。

自分が今までに行ったことのある温泉を列挙して日本の温泉地数の何%を達成しているか計算してみたら1%でした。

いらすとや様からお借りしたフリーの日本地図画像にもマークしつつ県ごとに列挙します。ピンクの丸が行ったことのある温泉地です。

f:id:etavonni:20180920222954j:plain

北海道: 函館 洞爺湖
宮城 : 白石
福島 : いわき
茨城 : 袋田 磯原 ひたちなか
栃木 : 那須塩原
千葉 : 銚子 鴨川 矢指が浦
群馬 : 草津 伊香保 磯部
神奈川: 箱根 鎌倉
山梨 : 石和
石川 : 和倉 加賀
静岡 : 下田 熱海
長野 : 白骨 浅間 乗鞍 上諏訪 下諏訪 白馬 野沢
岐阜 : 下呂
三重 : 湯の山
滋賀 : 須賀谷
兵庫 : 有馬 神鍋
和歌山: 龍神 南紀勝浦
島根 : 松江しんじ湖

 

計三十六か所。これを多いと思うか少ないと思うかは人に依るでしょうが。

さて日本にいくつ温泉地があるかというと、このサイト、日本温泉総合研究所様(すごいサイト様もあるものです)

日本温泉総合研究所 《日本の温泉地データ/トップページ》

の調査によると2017年時点で三千八十四か所!!

答えは36/3084=1.167%、でした。

おいおいおい、偉そうに温泉ブログなんて立ち上げておいてこのザマですか? 

しかも四国、九州がないって、特に温泉天国九州に一回も行ったことないって・・・別府は? 由布院は? 嬉野は? 指宿は? これはひどい。

それにしても日本の温泉地多すぎ。正直なめてました。自省のために自己紹介ページに行ったことある温泉地と数を載せておきます。上の地図も年に一回くらいは更新していきたいです。特に日本の西の方にもっとピンクマークを増やさなくては。ちなみに、来月香川に行く予定で、年越しは熊本の黒川温泉の予定です。

ひとまずの目標は47都道府県の温泉に入ること、にします。

個人的に、「ここを押さえずして何が温泉好きか」と思われそうで、まだ行ってないのは登別、別府、白浜、道後、由布院くらいでしょうか? 

有名な、ザ・ドリフターズの「いい湯だな」の歌詞に出てくる温泉が3つも欠けてますね(ちなみに、北国登別、上州草津、紀州の白浜、南国別府の4つ)。

 

情けない記事になりましたが、最後まで見てくださってありがとうございました。

すぐ楽! ミリオンベルの花植え付け

タイトルって分かりやすくすることが大切だなぁ、ってブログ始めてからよく思うようになりました。

 

「すぐ楽」、いい響きの言葉!

 

9/17に苺と同じ日に栽培した花の苗、その名も「すぐ楽」。商品名が「すぐ楽」! なんと魅力的に響く言葉でしょうか。

f:id:etavonni:20180919210558j:plain

花の名前としては「ミリオンベル」っていうその名の通り鈴がたくさんつくような花を咲かせる苗なんですけどね。
サントリーが品種改良した初心者ガーデナー向けの苗で、今年は色々失敗したのでこの苗にしました。色は紫と黄色。呼び方としてはバナナ&ブルーベリー、とのこと。
花言葉は「あなたといると心が和む」、だそうです。

 

どうせなら大きめのプランターに

 

せっかく2苗も買ったので並べて植えようと大きめのプランターにしました。

f:id:etavonni:20180919210417j:plain

なんかすごく大きく育つっぽいですし、どうせなら思う存分満開にさせてあげたくなったんです。

f:id:etavonni:20180919210643j:plain

実はこのプランター、別売りの底があるので底石が要らないタイプなんですけど、なんとなく気分で底石入れてしまいました。

土を詰めたら2か所シャベルでくり抜いて・・・

f:id:etavonni:20180919210712j:plain

実際に植えたときはもう少しビニルポット内の根がすっぽり入るくらいの深さにしました。

 

植え付け!

 

f:id:etavonni:20180919210731j:plain

もうちょっと離した方が良かったかも。

そのあたりは育ち次第ですね。満開時にプランターが花いっぱいになるくらいのイメージの配置にしました。

前に台風で花のタグがどっかに飛んで行ってしまったことがあったので、念のため二つともタグを刺しておきました。そういえば、こないだのがおかし過ぎただけで本格的に台風が来る季節ってこれからのはずなんですよね・・・。

f:id:etavonni:20180919210847j:plain

この「すぐ楽」はとにかく楽にお花畑を!っていうノリの私みたいな園芸初心者な客向けの苗らしいので苺みたいに解説することはないです。強いていえばお水はプランターの底から染み出るくらいたっぷりあげるのがいいそうです。
売り文句の通りにすぐ満開になったら、画像を貼って「咲きました!」って記事にできる日を楽しみに育てることにします。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

イチゴの植え付け初挑戦! そして注意点の覚え書き

赤くて可愛くて甘くて・・・これを自分で育てて食べられたらどんなに嬉しいかって果物の一つが苺だと思ってます。
野菜だとプチトマトですね。

プチトマトは夏に成功させたので、今秋、2018年9月17日は苺の植え付けにチャレンジしてみました。

 

苗選定

 

まず、何の種類の苺を植えるかなんですが、言っちゃうと何でもよかったです。

f:id:etavonni:20180917161718j:plain

ただ自分の知ってる銘柄ってだけで女峰にしました。苗だけなら200円くらい。ちょっと家から離れたホームセンターで買いました。

 

ポット選び

植える鉢は陶器製の、いかにも植木鉢って感じのにしました。サイズは多分6号か7号。画像はあとでいっぱい出てくるのでそのときに。
この鉢でプチトマトを実らせた実績があるので鉢に関しては問題ないと思ってます。

 

苗床作り

ここからはかなり自分のやり方になります。
これで、「実りました」って記事が上がらなかったらやり方が間違っていたことになります。
最初に、鉢を動かしたときに底から土や砂利がこぼれ落ちにくいようにネットを張ります。

f:id:etavonni:20180917161853j:plain

このネットはわけぎの球根が入っていたネットです。もっとちゃんとやる場合は底石をネットに入れてから底に敷くんですが、あまり買う物を増やすのも嫌だったのでゴミを減らすためにもこうしました。

そして次は鉢底石詰め。

f:id:etavonni:20180917162006j:plain

土を捨てた鉢から洗って使えそうな石(白くてきれいな石)と、小さめの底石を買い足しました。

ここからいよいよガーデニングらしくなる、培養土詰め。

f:id:etavonni:20180917162140j:plain

まずは袋からスコップで適当に土を入れて、拳で軽く押してある程度の硬さにしてあげます。
土の中から空気を抜いてあげながら詰める、と書くとイメージしやすいでしょうか。

効果があるかは分からないけど・・・

苺は初挑戦なので、こんなものも購入してみました。

f:id:etavonni:20180917162234j:plain

土の上にかかっている白いつぶつぶがこの袋の中身です。窒素やリン酸、カリウムなどが混ざっていて、苺を育てるのに向いた土になるそう。まるでスポーツドリンクの宣伝文句みたいですね。
目分量である程度土に混ぜ込みました。

いよいよ植え付け。根は優しく扱ってあげましょう

上項の苗床作りは植物にとってのいわば「お家づくり」です。
苗が商品として売っている間にいる小さなビニルポットに入っている状態はあくまで仮住まいのようなものです。
そして、充分な養分と根を張る場所がある「お家に引っ越す」のが植え付けなのです。

狭いポットの中ではこのように細い根が所狭しと絡み合っています。

f:id:etavonni:20180917162352j:plain

植え付けで一番注意すべきは根を傷つけてしまわないことです。根は私たち人間の体で例えたら血管にして神経です。
せっかく土ごとポットに入っているので作った苗床に穴をあけて、そこにそっと載せるくらいのつもりで植え付けてあげましょう。

今夏、イチジクの植え付けをしたとき、一度失敗しました。
新鉢に植え替えたときに根を傷つけてしまい、翌日には葉も茎も、しなしなになっていて、可哀想なことをしました。

画像に映っている細い根を傷つけないように植え付けたら、押し込むのではなく周りに土を足していく形で苗床に定着させます。

f:id:etavonni:20180917162635j:plain

注意点・クラウンを地上に出してあげる

苺の苗にはCrown(王冠)と呼ばれる重要な個所があるのですが、非常に分かりづらいです。

f:id:etavonni:20180917162817j:plain

たぶん画像の赤丸の箇所です。なにせ初心者なので、聞きかじりとネットで調べた知識と、なんか王冠っぽいという推測でしかありません。
このクラウンは必ず外に出してあげます。埋めてしまってはいけません。園芸好きの叔父が送ってくれる画像からの知識だけですが、このクラウンからあの赤い苺の実が成ります。

こいつ誰だっけ・・・?ってならないように

さて、これで苗の植え付けは終わりで、後は毎日お水を上げて新しいお家に苗がなじむまで日当たりのいい場所で育ててあげるだけなのですが。

f:id:etavonni:20180917163028j:plain

この、苗の入っていた薄っぺらいポット、「もう要らないや」って思うかもしれません。
でも葉っぱだけの画像を見てください。苺に見えますか? 少なくとも私には見えません。

なので、このようにタグを土に刺してその鉢で何の植物を育てているのか分からなくならないようにします。

f:id:etavonni:20180917163127j:plain

覚えておいても、自分でタグを作ってももちろんいいです。私の場合はせっかく買った苗に画像入りのタグが付いているので流用させてもらってます。

これでようやく植え付けが完成です。

あとはしばらくは日光とお水をあげるだけ

この後必要なのは光合成するための日光と、毎日の水やりです。苺栽培は初心者ですが、これだけはどの植物でも変わりません。
苺には寒さ対策とかランナーの処理とか受粉とかまだまだやらないといけないことがあるようですけど、植え付け直後の秋は新居に根を下ろすまで見守りです。
そういう「苺だからやらないといけないこと」まで辿り着くのが今回の植え付けの目標です。失敗したらまた来年やり直せばいいのです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

台風21号の影響で秋のガーデニング開始が遅延中・・・

今は北海道地震の方が大変ですが、9月4日の台風21号上陸でも日本に多々被害が出ました。どちらも一刻も早い復興を祈っていますが、このブログは園芸ブログなので園芸について書くことにします。

 

 

19号、20号が来た時の反省を活かして

 

台風21号、実は私の住んでいるとこ直撃しました。ベランダは土まみれにされましたし、停電し断水し、園芸とかガーデニングとかそういうこと言ってる場合ではなくなりました。

あの超大型台風の前に19号・20号が来てベランダをめちゃくちゃにされたのでその反省を活かし、21号が来ると聞いた時点でプランターをベランダからキッチンに避難させておいたんです。

f:id:etavonni:20180916185003j:plain

植わっているのは左からふじなでしこ、アロエ、スターチスです。スターチスはこの夏の暑さに耐えられなかったのか、土を使い回したので養分が足りなかったのか、避難させてる時点で枯れかけています。

秋が来たら新しく色んなものを植えるつもりでいたのでこの時点では9月8日、9日の土日くらいにはベランダにいっぱい仲間が増えているはずでした。実情は、台風のせいで植物よりもまず自分自身の生活を元に戻すのに必死です。

 

台風後のベランダの様子

 

土が入っていたおかげで何とか吹き飛ばず、古い土を除去した後早く新しく種を植えてもらうのを待っているプランターたち。

f:id:etavonni:20180916185820j:plain

 

片付け後のベランダの床の様子。このあたりは畑だらけなので砂まみれです。

f:id:etavonni:20180916190209j:plain

ちなみにベランダの壁に蛇口があって、映っているホースはそこに繋がっていて、ベランダでガーデニングが非常にやりやすいアパートです。元は洗車するために買ったホースだったんですけど、今はベランダでの水撒きで活躍してます。

 

菜園以前に窓としての機能が怪しくなりそうなほどレールに堆積した土。

f:id:etavonni:20180916190841j:plain

もう掃除機かけてまず余計な土をベランダから吸い取ってしまいたくなります。

ついでなので次は土を捨てるときに困る話をさせてもらいます。

 

土ってどうやって捨てるの?

 

庭とか畑じゃなくて、私みたいにベランダでガーデニングやってる人がいつも面倒しているのが土の捨て方です。災害とも無縁ではないのでちょっと書いておきます。

まず、大多数の人が「こうすればいいんじゃない?」って漠然と思っていそうなことを列挙していきます。

 

・ビニール袋にでも入れて燃えるゴミで出しちゃえばいいんじゃない?←土は燃えるゴミじゃないんです。

・山にでも捨ててくればいいんじゃない?←土を大量に山に捨てると不法投棄になります。

・ホームセンターにでも持って行けばいいんじゃない?←普通のホームセンターでは土は引き取ってくれません

 

じゃあ、どうやって要らない土を捨てればいいの?ってなりますよね。

実はこないだの台風後にも同じことで悩んだ人がたくさんいたようです。道路とかアスファルトとか土まみれになりましたし。そんな中、ホームセンターであるものが売り切れまくっていたのです。

これです。

f:id:etavonni:20180916191836j:plain

土嚢袋。売り切れ続出の中、最小サイズを1セットだけ確保できました。

広げると1枚こんな感じです。

f:id:etavonni:20180916192124j:plain

この中にまずはいらない土を詰めておくのです。土嚢袋を生活で日常的に使う人なんてあまりいないでしょうが、自分が住んでいる地域は場所柄、川の氾濫と津波災害に常に備えているので割と土嚢袋の出番があるのです。こうやって貯めておけば次に台風が来そうなときに重石代わりになりますし、いらなくなれば被災地では寄付を受け入れています。

まさしく今、北海道の被災地でも必要になっているかもしれません。次にいつどんな災害が来るか分からない以上、備えて持っておくに越したことはないです。

さて、土の「保管」はこのような土嚢袋に入れておけば済むのですが、「廃棄」はさっき書いたようにやっぱり現状普通の手段では難しいです。

一番いいのは「再利用」です。再度養分のある土にしてあげるのです。それはチャレンジしたときに記事にします。やり方だけは叔父に教わりました。実は私もやったことなくて、土を再生できるようになることも趣味・園芸を自称するための目標の一つです。

 

肝心の、これからの秋のガーデニングは?

 

このブログに園芸の成果とかきれいな花の画像を見たくて訪問してくださった方がいらっしゃったら、こんな土嚢袋の写真なんて見せられても仕方ないでしょう。

なので、今年の9月17日に植え付ける予定の苗の画像を貼っておきます。

長年、育てるのが夢だった、苺。

f:id:etavonni:20180916194009j:plain

叔父が「今年も実りました」と画像を送ってくれるのでいつか植えてみたいと思っていましたが、このブログを始めるにあたってチャレンジしてみることにしました。ただ、長年ガーデニングをやっている叔父でも、個人菜園でこんなに真っ赤っかに実らせるのは難しいのだとか。

 

サニーレタス。

f:id:etavonni:20180916194454j:plain

これは全滅(年によっては植えた植物が一つも芽を出さない、なんてこともあります)防止のための苗です。この苗の時点でも食べれるでしょうが、ある程度育ててから、収穫した日の夕食にシーザードレッシングかけてサラダにするつもりで植えます。

 

コスモスの種

f:id:etavonni:20180916194823j:plain

園芸やらない人でも知ってると思います。秋の定番の花です。種まき時期としては外れています。撒く地方が暖地なので11月頃に咲くかもしれません。咲かなければ来年にリベンジです。

 

他にも多肉植物がいくつかと野沢菜も植えます。なにせすっかりベランダが寂しくなりましたからね。植わったらまた経過をブログに書いていきます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ドイツ? 磯部? 日本最古の温泉記号はどこから?

自分のブログのアイコンにもしている温泉記号は、群馬県安中市磯部のある石碑に彫ってある自称「日本最古の温泉記号」です。ですが、これにも諸説あって「実はドイツなんじゃない?」って説もあります。

f:id:etavonni:20180915184633j:plain

色々調べてみて、結論は「自分が信じたい説を信じたらいいのかな」ってなりました。今回はこの磯部温泉の話と記号の起源の話です。

 

石碑を信じるなら

これが2015年に実際に訪れてきた群馬の磯部公園にある、日本最古の温泉記号を謳っている石碑です。

f:id:etavonni:20180915184803j:plain

万治4年、つまり西暦1661年、17世紀の、下手したら関ヶ原の合戦を経験した人がまだ生きているころにこの記号が考案されたことになります。
ちょっとした豆知識ですが、日本で初めての全国地図と言われる伊能忠敬が編纂した大日本沿海輿地全図は1821年に完成なので、それよりも100年以上も前から地図記号としての温泉記号があったことになります。
馬鹿正直に信用するなら部分的な地図はあちこちにあって、温泉地を書き記すときはこの湯気マークを使っていたんでしょう。

 

ドイツ起源説もある

そもそも、日本という国で地図を規格化しようなんて発想は明治になってから陸軍参謀本部が始めたことで、欧米を影響を多分に受けてからの話です。
そして、そのときに地図を作る時に大いに参考にした国があって、その国がドイツなのです。
ドイツではその頃から教会とか記念碑とかを地図記号にしていたのでそのうちのひとつである温泉マークを日本がパクってきたんじゃないかって説です
この説を信じるならドイツにも似たような温泉マークがあって、今の地図に使われてる温泉記号のルーツは19世紀のドイツになり、磯部の公園にまことしやかに飾られている温泉記号が日本最古なのは「嘘」ってことになってしまいます。

 

この記念碑への地元の人の反応は

 

私個人が、磯部温泉にわざわざこの日本最古の温泉記号がある公園に見に行ったとき、泊まる予定の旅館にまずチェックインして、「磯部公園を散歩してみたいんです」と受付で言ったら「特に珍しいものもないですけどねえ」と言われてしまって、少なくとも地元の人はそこまで誇りに思っていたり、観光地だとみなしていたりはしない様子でした。正直、そんなに見て面白いシロモノでもないですしね。

むしろ、着いて公園見たらすぐ行こうと思っていた日帰り温泉、「恵みの湯」がその日休館日だったことの方がショックでした。

www.dan-b.com

f:id:etavonni:20180915185930j:plain

砂塩風呂には予約がいるらしいですが、楽しみにしていただけに残念でした。

この日帰り温泉の看板にも「愛妻湯の町 磯部温泉郷」と書かれているように磯部には愛妻橋とか、やたら愛妻という地名が出てきます。なんにしてもあまり日本最古の地図記号がある町!アピールをしている感じではありませんでしたね。

どちらかというと童話「舌切り雀」の町として売り出したいようで、私が泊まった旅館の名前も「舌切雀のお宿」なんていいました。お土産物も舌切り雀にちなんだものばかりでした。

www.isobesuzume.co.jp

 

でもなんかこの石碑気に入った

このほどさように、せっかくあるのにあまり磯部では観光地の目玉扱いされていない温泉記号の石碑ですが、彫られた絵、温泉っていうより長く伸びた草みたいで、写真に写してひとつの絵として割と気に入ってしまったんです。
これって実は温泉の絵じゃなくて玉葱かなにかの絵だったら面白いなあって。だから自分はブログの、そしてTwitterもアイコンにも使ったままにしています。

f:id:etavonni:20180915190709p:plain

そういえばなんで大小、いえ小大と書くべきか、温泉を二つ並べて描いてあるんでしょうね? やっぱり野菜か何かに見えます。

 

ここまでくると信じたい方を信じるしかない

 

磯部起源説をあえて否定してドイツ起源説を信じて調べていくと、温泉とドイツにはいくつか面白い話があるのです。
行ったときの話は、また記事を改めますが、草津温泉を再発見したドイツ人の医者エルヴィン・フォン・ベルツ氏は30年も日本にいて何度も草津に行ったり、伊香保にも別荘を持っていたりと群馬の温泉地としての発展に貢献した人です。草津にはこのドイツ人に因んだベルツ通りなんてものがあり、この人の名前の旅館に泊まった経験もあります。
さらに、大分の有名な由布院温泉は大正時代にドイツの温泉地バーデンバーデンに学んで発展(今でいう町興し)させていたり、逆に和風な温泉がドイツにあったり、色々と興味深い話が出てきました。

興味本位で調べ始めて、温泉記号の起源なんて今となってはもう「信じたいことがその人にとっての真実」ってレベルなのかなぁ、と結論付けました。
個人的見解を書き残しておけば、昔のドイツにも似た記号があって、当時の日本人が見て気に入って真似したという説の方が面白いと思います。

それくらいドイツ人も日本人も温泉が好きなのです。ヨーロッパで温泉というと映画「テルマエ・ロマエ」の影響で、ローマのイメージがあるかもですが、ドイツもなかなかに負けてません。


ブログ始めた当初は温泉と園芸の記事を交互に上げていく予定でしたが、早くも崩れました。最後まで読んでくださってありがとうございました。

湯の山温泉! 生まれて初めて行った温泉旅行地に再訪

 

初めての温泉旅行地

今回は生まれて初めて行った温泉旅行の体験談と、そこに今年再訪したことについて書きます。
場所は三重の湯の山温泉です。旅行としてはここが初です。比較的マイナーな温泉でしょう。なぜここが人生初の温泉旅行になったのかから書いていきます。

 

湯の山温泉でオフ会!

行ったのはかれこれ19年前、まだ自分が大学生の頃でした。
インターネット黎明期でPCを個人で所有している人もまだ珍しく、ネットの料金も高い中、とあるチャットルームでチャットをしていた時期がありました。アバターがあるわけでもなく、エモもない文字だけでのやりとりです。
アクティブなメンバーは100人位で、毎晩10人程度とコミュニケーションを取っていました。

時折オフ会も開かれていて、行けるときは参加していたのですが、あるとき大規模な「温泉オフ会」をやろうという企画が立ち上がったのです。
「せっかく日本各地から毎晩アクセスしてるのでいっそ日本中から集まろうぜ」って趣旨でした。
開催場所が当時の下宿から比較的近かったので、普段ネットでしか話せない人とも直接話せるめったにない機会だと思って参加しました。

その会場に選ばれたのが三重県の「湯の山温泉」です。
理由は、日本の真ん中くらいで東側に住んでいる人も西側に住んでいる人にも平等だから、とのこと。
今になって思えば三重は日本各地から集まりやすい場所なのかと言われると、やや首を傾げます。幹事さんの趣味も入っていたのでしょう。
合計33人の参加者になりました。これは当時のオフ会としては前代未聞の人数です。そもそも、宿泊するオフ会がレアでした。
男女比は7対3くらい。年代は、私みたいな学生が一番若くて20代後半から30歳過ぎくらいの人が一番多かった感じです。

 

人生初の温泉旅行とその感想

会場はここでした。

www.kotobukitei.co.jp

社会人になってあちこちの温泉旅館の相場を知ってから、改めて調べてみたらこの「寿亭」、結構な高級旅館でした。
紹介文にも「同窓会に~」とかあるように、大人数向けで、一人旅がメインになった今では候補に挙げにくい旅館です。
温泉に入った感想は、普通のお風呂だなあって思いました。露天にも行きませんでしたし。倍ほど歳食ってから思い返して、あの頃は若かったなぁ・・・、と。
オフ会はどちらかというと、毎日チャットしてる人の意外な素顔を見ながらわいわい美味しく食事を食べたことの方をよく覚えています。
さすがに写真は残っていませんが、醤油瓶を回していったことを覚えているので海鮮料理だったはず。オフ会なので一人ずつハンドルネームを言って挨拶するのがメインイベントでした。

 

再訪!湯の山温泉

それから20年近く経ちました。そのオフ会したのはまだ20世紀でした。
成人して社会人になってからすっかり温泉好きになった、そんな自分の源泉とも言うべき湯の山温泉に、今年再び行きました。

さっきちらっと書きましたように思い出の寿亭は大人数向けの宿で、どんなに少人数でも二人以上でないと予約しにくいので別の宿にしました(チャージ料を払う経済力があれば別ですが)。
で、宿泊地に選んだのがこの旅館です。彩向陽(いろどりこうよう)。

www.gh-koyo.jp

深い山の中にあって、フロントが建物の上階にあって客室へ行くにはエレベータで降りていく、という面白い宿でした。案内してくれた仲居さんも「変わってるでしょう?」と笑ってました。
その若い仲居さんに「実は20年ぶり位に湯の山に来ました」というと「また来てくれてありがとうございます!」と喜んでもらえました。

部屋の様子と窓からの景色はこんな感じ。深い山の中の純和風温泉です。

f:id:etavonni:20180915000321j:plain

f:id:etavonni:20180915000357j:plain


ただ、単身で行ったので、部屋にあったこのパンフレットは嫌味かと。

f:id:etavonni:20180914235251j:plain

 

温泉の感想

6時間も運転した後だったせいか、温泉好きになったという心理効果か、はたまた歳のせいか、同じ湯の山の温でも浸かったときの感動が昔とまるで違いました。
お湯が無色透明で硫黄臭などがしない、泉質の特徴も20年前の記憶と一致してました。
強いて今回泊まった彩向陽という旅館について言えば、露天風呂が一度外を通る離れにあるので冬場は内湯だけにしてもいいかも。自分が行ったのは5月だったので躊躇せず露天風呂まで行きました。

 

今回もやっぱり印象に残ったのは食事

温泉は勿論、食事も旅の大きな楽しみの一つなので堪能してきました。

f:id:etavonni:20180915000736j:plain

溶岩焼きです。と言っても溶岩の熱で焼くわけではなく、溶岩が冷えてできた石を火鉢で熱して肉を焼くわけです。石焼の一種ですね。
牛、豚、鶏の三種肉バター焼きです。

f:id:etavonni:20180915000905j:plain

会場食でしたが個室を用意してくれて、味は申し分なかったんですが、旅館にしてはやや料理が出てくるペースが早く感じましたかね。空いてたんでしょうか。
旅行のときは食事にがっつくとすぐに料理がなくなってしまうのでとにかくゆ~っくり食べる癖がついていまして。

人生二度目になった湯の山温泉は「これぞ温泉旅行!」って気分で楽しんできました。

 

次に湯の山に行くとしたら

人生で二回以上行ったことのある温泉は伊香保、諏訪、白馬、犬吠埼・・・等いくつもあるものの、この湯の山はかなりのレアケースです。

どうせなら次も20年空けて行きましょうかね。

 

温泉について、変り種の話が続きました。最後まで読んでくださってありがとうございました。